展覧会の情報
取り扱い作家とご紹介
メモワール・オブ・寺門孝之
花伝サロン
TOP
 
     
  花伝サロン〈メンバーズ・オ ンリー〉

美術画廊ギャルリ・ムスタシュでは、天満宮表門前の大阪市最古の料亭・相生楼さんと、これまで双方を御愛顧くださっている顧客の皆様とともに、さまざまな文化を享受するべく、〈花伝サロン〉という小さな文化サロンを設立致しました。顧客の皆様には、催し毎に、相生楼、もしくはギャルリ・ムスタシュより案内と参加申込書を郵送させて頂いておりますので、ご興味のある催しがございましたら、是非、御参加くださいませ。 メンバー様の御紹介のお方さまやメンバー以外のお客様には、お席に余裕がございました時のみお申し込みを受けつけさせて頂いております。催しで御用意できるお席は毎回110名さま分でございますので、目下、花伝サロンの新規会員募集等は一切行っておりません。御了承くださいませ。

 
 
 

若尾 文子 特別講演会
<美しい日本の記憶を辿る>
相生楼 花伝サロン 新春公演

平成22年2月6日(土)




こちらから、パンフレットをご覧いただけます。
表面




岸 惠子 特別講演会
<私を女優にした眼>
川端康成先生ご生誕110周年記念

平成21年3月22日(日)




こちらから、パンフレットをご覧いただけます。
表面




相生楼 花伝サロン
宮本亜門特別講演会

平成19年9月12日(水)
〈第1回講演〉開場 正午 開演 12時半
〈第2階講演〉開場 18時 開演 18時半
場所:大阪天満宮表門前 相生楼  
大阪市北区天神橋1-16-12
参加費用:15,000円(講演会+お食事)
2007年秋の花伝サロンは、世界を舞台に大活躍の美しい日本人、演出家の宮本亜門先生をお迎えして、 「激励、大阪ルネッサンス!」と題して、宮本先生の数多くの経験と感動のエピソードを散りばめた、 真善美、溢れるお話をして頂きます。花伝サロンならではの、夢のような講演会でございます。 皆様のお出ましを心よりお待ち申し上げております。

主催:大阪天満宮前 相生楼 美術画廊ギャルリ・ムスタシュ
お問い合わせは、美術画廊ギャルリ・ムスタシュまで 06-6253-0440

 

 
 

こちらから、パンフレットをご覧いただけます。
表面
裏面

 
 
 
 

―美しい日本の記憶を辿る―
朗読 川端康成の世界 伊豆の踊子
出演/ 俳優 徳重 聡

一昨年、名優 加藤剛さんの特別 のご出演を賜り、素晴らしい朗読会を開催させて頂きましたが、その後も、多くの皆様から再演のご要望を頂き、今年度11月20日に、再び、川端先生ご生誕の地相生楼の旧館大広間にて、<伊豆の踊子>の朗読会を開催させていただく運びと相成りました。
朗読は、2000年に「第二の裕次郎を探せ」コンテストにて、52、005人の中 からグランプリを受賞された、徳重聡さんです。受賞以来、多くの研鑽を重ね、一昨年から映画やドラマに主演されている晴朗なる若者です。ご出身が加藤剛さんと同じ静岡県で、<伊豆の踊子>の舞台となった街道には、よく出掛けられたそうです。川端先生ご生誕の地での、先生のお作品の朗読、という大役を厳粛に受け止めてくださり、真摯にお稽古を重ねてくださっているそうです。美丈夫な上にとても素敵なお声です。

是非、ご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

また、5月12日に、全国の東映で、徳重さんの主演映画 「俺は君のためにこそ死にに行く」が封切られます。平和のメッセージを込めた作品だそうです。是非、ご清覧くださいませ。

 
   
 

こちらから、パンフレットをご覧いただけます。
表面
裏面

 
 
 
 

 

〈過去の花伝サロン〉
2005.12月4日(日)   
美しい日本の記憶を辿る           
朗読・川端康成の世界 伊豆の踊子
出演:加藤 剛
  
        
美しい日本の記憶を辿る 朗読 川端康成の世界 伊豆の踊子 俳優の加藤剛さんが朗読、そして川端先生との思い出を語ってくださいます。 川端文学の抽象の美学は多くの方々によって語られていますが、その美しい日本 語とその語感を 味わえるとても贅沢で厳かな朗読会になるかと存じます。 約1世紀前、相生楼の現敷地の南側に、川端先生がお生まれになった川端医院が ありました。 川端先生がご他界されて33年、ご生誕の地での天満でのはじめての朗読会で す。

 
  こちらから、パンフレットをご覧いただけます。