取り扱い作家とご紹介
メモワール・オブ・寺門孝之
花伝サロン
ご遠方のお客様へ
BBS
TOP
 

オゴンバイラ 春の絵画展 
Oogonbair’s Spring Exhibition

僕の好きな花たち そしてフェアリー(妖精)たち
My Favorite Flowers - and Fairies

会期 4月14日(土)〜5月5日(土)

モンゴル人にとって、空は神、大地は母。
草原に春の光が戻り、紫色のアネモネが咲き始めると、
次々に 沢山の花々が開花し、草原は虹色の絨毯のようになるそうです。
For the people of Mongolia, the sky is a god and the earth is a mother.
When the spring light returns to the steppes,
and the purple anemones begin to flower,
the steppes become a rainbow-coloured carpet of blooming flowers.
今回はオゴンバイラが自身の記憶に咲く花と、そこを住処にしている
チャーミングなフェアリーたちを絵に映しました。
是非、春を愉しみにお出ましくださいませ。
For this exhibition,
Oogonbair has painted the flowers that bloom in his memory
and the charming fairies who reside there.
We look forward to seeing you for this delightful taste of spring!


オゴンバイラ 初個展
The 1st exhibition

会期 10月8日(土)〜24日(月)

愛+自由=草原の笑顔
Love+Liberty=Smiles on the plain 時はおおらかに流れ、
そこに時計はなかった
僕たちにはただ、愛と自由だけがあった遠い草原の日々 
Times runs as she likes, there was no clocks
We only have Love and Liberty in the days of the plain
オゴンバイラの優しい眼差し、描く力、清冽な色彩感覚を
ぜひお楽しみくださいませ。

オゴンバイラのプロフィール


寺門孝之新作絵画展、心斎橋EAST&WEST

< 期 間 >

EAST@美術画廊ギャルリ・ムスタシュ

2010年10月29日(金)〜11月27日(土) 
正午から午後8時まで 休廊日 毎月曜日


WEST@スタンダードブックストア

11月14日(日)〜11月27日(土) 
11時から午後10時まで


EASTは勿論、東心斎橋の美術画廊ギャルリ・ムスタシュ WESTは知る人ぞ知る、
西心斎橋のスタンダードブックストア
今秋は、御堂筋をはさんで東と西の素敵な空間で寺門先生の 新作展
<エンジェルローズミルキィウェー>が開催されます。
胸がきゅんとなるようなあのときの天使が戻ってきます。
なお、11月14日(日)は、スタンダードブックストアの地下1階のカフェで
寺門先生の盟友で作曲家の周防義和先生のおしゃれなユニット
<tomo the tomo carpe diem>が特別のオープニングライブを
ご披露くださいます。(チケット1ドリンク付き1800円/2000円)
周防先生は映画「Shall weダンス?」や「シコふんじゃった」等の音楽を
担当され、日本アカデミー賞音楽賞を度々受賞されています。
相方のヴォーカリストのtomo the tomoさんは映画音楽、アニメ、CMソングなど
を多数歌われており、最近では<ハゲタカ>のテーマでも注目され、
今最もホットな異色の歌姫です。
ライブのあとは、寺門先生と周防先生のトークショウもあります。
盛り沢山のアートな秋です。

寺門孝之ミュージァム@表参道 開設1周年記念
- あ・り・が・と・う ござい満寿 特別展 -


期間:2009.8.18(火)〜8.29(土)
開廊時間:正午〜18:30
※ (勝手ながら20日のみ五時半までの開廊) 25日(火)は休廊日


私共が18年にわたり応援いたしております画家・寺門孝之にとって 2008年の
寺門孝之ミュージァム@表参道開設は、まるで天からの ギフトのような、
光溢るるエポックメーキングなものでした。
この空間の開設1周年を記念して、これまでの皆様のご厚情に 愛と感謝を込めて、
特別価格をご用意して、上記の展覧会を開催 させて頂きます。
展示作品は、ココをクリックなすってくださいませ。

NOW & THEN − 寺門孝之絵画展 −


期間:2009.5.15(金)〜6.15(日)
開廊時間:正午〜19:00


今年も大活躍の寺門先生の趣のある作品をセレクトしました。
ご期待くださいませ。

Li Cheng’s Ceramics −李fの器展−


期間:2009.3.27(金)〜4.4(土)
開廊時間:正午〜18:00
※3月30日(月)休廊


李fは北京工芸芸術大学卒業後 京都市立芸術大学大学院で学び
京都を中心に活躍する女流陶芸家です。

ANGEL SHIP MARINE
WEST 2008


期間:2008.10.3(金)〜10.26(日)
開廊時間:正午〜19:30
※但し毎週火曜日のみ休廊


2007.12 「そして船は行く」、
2008.4「ANGELSHIPMARINE」 にひきつづき、
「天使」「船」「海」をキィ・モティフとする新作に、
ESTの2008イメージ画や
ミュージカル「キャバレー」パンフレットのためのシリーズ、
劇団・楽市楽座の2008公演ポスターなど
未公開原画を合わせて、
幅広く展開している寺門孝之の絵画世界の最前線を
展示・販売いたします。

お作品はこちらから


寺門孝之ーNow and Thenー絵画展
  テラカド・パラダイス<楽園>


期間:2008.4.25(金)〜5.25(日)
開廊時間:正午〜19:30

お待たせいたしました。恒例の春のNow and Then展のご案内です。
寺門先生の過去と現在が交差する夢の展覧会!
今年も、スイートなテラカド・エンジェルズ、しどけない美女たち、
闇の妹、宇宙の天使、そして勿論、不思議なテラカド・アニマルズなどなど、
希少価値の高くなったテラカド劇場の主人公たちが勢ぞろいで、お目見えです。
皆様のお出ましを心からお待ち申し上げております。

         お作品はこちらから

 
2008年のオープニング - 初夢展覧会


皆様、いつも有難うございます。

厳寒ではございますが、穏やかに、お健やかに新年をお迎えのことと存じます。

2008年も変わりなく、美術画廊ギャルリ・ムスタシュをご愛顧くださいますよう、

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


2008年の幕開けは、<初夢展覧会>

皆様の日々が、より一層の夢と光で一杯になるような絵を、選りすぐって展示しております。

心温まるアートで、皆様の年始を素敵に彩ってみませんか?

皆様とのおしゃべりも楽しみにしております。

是非、お出ましくださいませ。

マダム・ムスタシュ

 
 

THANKS!ANGELS FAIR

期間:2007.11.30(金)〜12.5(水)
開廊時間:正午〜19:30

今年もギャルリ・ムスタシュ恒例の<サンクス・エンジェル・フェアー>の時期となりました。
今年1年、魂を磨き続けたご自身へのご褒美に、あるいは、新年のお住まいに、
寺門先生のミューズやエンジェルはいかがでしょうか?
愛と感謝の天使さんたちが、 皆様をお待ちしています。

てらぴかエンジェルに囲まれて、楽しい時間をギャルリでお過ごしくださいませ。

   
       
  寺門孝之 新作展
<テラカド・オペラ>
   
 

会期:2007.9.20(木)〜10.21(日)
開廊時間:正午〜19:20
毎週火曜日のみ休廊


作品はこちらから

始まりました―!待望のテラカド・オペラ第三幕。 今年も皆様のご期待を上回る、美しくて、心にグッと来る作品ばかりです。新しい登場人物も多数で、それぞれのキャラが際立っています。透明な歌声が聴こえてくるかのような、アリアを歌う美女、横たわる官能的な美女の茶目っ気!メインの作品の宝船は、これぞテラカド!と云わんばかりの洗練されたジャポネスクです。水中空中を追い風に乗って駆け巡るドラゴン。探し当てた秘密の王冠。

また幸福の予兆のような可愛い天使さんたち<キンダーエンジェル>シリーズも元気に復活しました。話題の松尾スズキさん演出のミュージカル"キャバレー"のポスターの原画もご覧になって頂けます。

   
       
     
 
   
       
 
寺門孝之 
Now and Then
   
 
会期:2007年4月13日(金)〜5月13日(日)
開廊時間:正午〜午後7時半
休廊日:毎月曜日

お待ちかねのNow and Then展の季節となりました。毎年、先生のアトリエから よりすぐりの作品を持ち出して、秋の新作展とは趣の異なるテラカド・ワールドを満喫できるとっておきの展覧会です。今年のテーマは<テラカド・ジャポネスク>
テラカド先生の比類なき表現力と、春に相応しい色彩の妙をお楽しみくださいませ。皆様のお出ましを心よりお待ち申し上げております。

寺門先生の来廊日は 4月13日(金)午後7時前後から午後8時半、そのほかの日程についてはギャルリ・ムスタシュまで、直接、お問い合わせくださいませ。または、寺門孝之公認のミクシーのコミュ二テイ<てらぴか倶楽部>でも寺門先生のスケジュールが確認できます。


 
       
  2006年の寺門先生
☆神戸芸術工科大学ビジュアルデザイン学科教授就任
☆岩崎書店「短歌の絵本」シリーズ絵画制作
☆宮澤賢治生誕110周年結城座・写し絵公演「注文の多い料理店」のためのガラス絵制作
☆映画「ゲルマニュウムの夜」絵画制作 ☆指揮者佐渡裕氏のCD装画
☆ピアニスト豊田裕子氏のCD装画
 
       
  ウオレス・テイン ウイーク 
   
 

会期 2006年12月18日(月)〜12月23日(土)
開廊時間 正午より午後7時半まで

コンテンポラリーアートの人気が急上昇中の昨今、ウオレスの欧米での人気も再燃してきています。日本のコレクターの皆様からも、今年のウオレスの動向のお問い合わせが増えてきています。今年も年の瀬のウオレス・テイン・ウイークを開催させて頂きますので、是非、ギャルリにて、ウオレスの作品をご清覧くださいませ。

オリジナル水彩は、欧米の相場に影響され、特別 価格の作品は出展しませんが、版画はお値打ち価格にて、お求め頂けます。ウオレスの瑞々しいオリエンタリズムに溢れた作品を新年のお住まいに一枚いかがでしょうか?

   
       
     
       
 

感謝の花束
アクリル水彩 和紙 
花と女性とおうむはウオレスが最も好むモテイーフです。色彩も清楚でありながら、とても華やかです。

   
       
     
       
  陽気なおうむ
アクリル水彩 和紙
西側に黄色の何かを飾るといい、と風水では言われていますが、ウオレスの作品を飾ると、より一層、ハッピーになること請け合いです。
   
       
     
       
  She is so shy
デッサン チャコール アルシュ紙
ウオレスがローマで美しいモデルさんを前にして描いたデッサンです。とても珍しいデッサンです。
   
       
  吉岡和子展 2007年春開催予定    
       
  吉岡和子先生は、目下2006年のイタリアへの旅のメモワールを題材にした、鮮烈な作品を制作中です。ご期待くださいませ。吉岡先生の人気のモテイーフ、いたづらキャットのシリーズは、ギャルリにて、常設しておりますので、プレゼントなどに、ご入用の際は、個展期間中でなくても、ご清覧頂けます。    
     
 

吉岡和子 
KAZUKO YOSHIOKA

大阪市生まれ
1995  関西新制作展 入選 (以後毎年入選)
1998  関西新制作展 「新作家賞」受賞
2000  「新制作展」入選 ギャルリ・ムスタシュにて個展開催
2001  神戸北野ストリート絵画展 「大賞」受賞
2002  パラデイ北野(神戸市中央区)にて個展
2003  関西新制作展「新作家賞」受賞 ギャルリ・ムスタシュにて個展
2005  池田満寿夫記念「芸術賞」展入選

 
     
  美術画廊ギャルリ・ムスタシュが応援する画家たち
寺門孝之
吉岡和子
ウオレス・テイン
ピエール・ボンコンパン